水虫は夏場の湿度が高くジメジメとしたところを好みます。室内の温度と湿度が高いと菌が増殖してしまいます。真夏で湿度の高い時は水虫に注意しましょう。また水虫の治療には抗真菌薬がとても効果てきなので活用しましょう。

抗真菌薬の画像

血豆のような症状も?白癬菌は石鹸と抗真菌薬で対応

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症します。
白癬菌の感染を予防するには、石鹸で洗い流すケアが有効です。
石鹸を使い皮膚を清潔に保つ事によって、白癬菌が皮膚の奥にまで入り込むのを予防します。

皮膚に付着してから24時間程度で白癬菌は感染する為、1日に1回はしっかり石鹸で洗いましょう。

水虫は痒みは皮膚のめくれといった症状が起こりやすいのですが、中には血豆のようなものができるケースもあるようです。
白癬菌に感染した事で血豆ができるという事はありません。
ですが、水虫の症状が引き金となり血豆ができる場合があります。

水虫には色々なタイプがあり、小水疱型というタイプは足の側面や土踏まずといった部位に、小さな水泡ができる症状が現れます。
歩いたり痒さから搔き毟ってしまうと、水疱がやぶれ血豆のようになる事があるのです。
小水疱型水虫はかなり激しい痒みを伴います。
搔き毟った事で血豆ができるだけでなく、傷口から雑菌が侵入し靴が履けないくらいに腫れる、膿が溜まるといった2次感染の被害も起こります。

ですので、水虫のような症状を感じたら、まずは皮膚科を受診しましょう。
皮膚科では水虫が疑われる場合、白癬菌に感染していなかの検査が行われます。
検査は簡単で症状が出ている所から、角質をすこし剥ぎ取り、顕微鏡で白癬菌がいないかチェックするだけです。
受診したその日に、水虫を発症しているかどうかが分かります。

もし、水虫になっていた場合は抗真菌薬で治療するケースがほとんどです。
抗真菌成分を配合した外用薬を塗り、徐々に白癬菌を殺菌していきます。
抗真菌薬はよく白癬菌に効くので、治療してすぐに治ったと思いがちですが、白癬菌は皮膚の奥深くに感染している事から、完治までには3カ月から半年程度の時間がかかるようです。

水虫治療は根気強く続ける事が、完治までの近道と言えるでしょう。