水虫は夏場の湿度が高くジメジメとしたところを好みます。室内の温度と湿度が高いと菌が増殖してしまいます。真夏で湿度の高い時は水虫に注意しましょう。また水虫の治療には抗真菌薬がとても効果てきなので活用しましょう。

抗真菌薬の画像

抗真菌と場所とフットケアについて

フットケアをしてくれるサービスショップ、店舗などがあります。

よくデパートなどに併設されており、これらのフットケア店舗では、リフレクソロジーなどの足裏のマッサージのサービスを行ってくれます。

料金は店舗によっても異なりますが、フットケアをしてもらうと、とても足裏が心地よく、リラックスできる効果があるため、女性だけでなく、男性にも人気が高いサービスの1つとなっています。

ところで、このフットケアをしてもらっている最中に、足裏に水虫が出来てしまっていた、ということが見つかるケースがあります。
見つかりにくい場所として、足の隙間などに、何か皮がむけたようなものがあり、それを施術してくれるフットケアのスタッフさんが気づくことがあります。

場所は他にも、足裏の真ん中であったり、いろいろな場所に水虫が出来ているケースがありますが、フットケアを訪れてはじめて、このような水虫ができていたと気づく方も少なくありません。

逆に、水虫が酷い場合には、フットケア利用はできない場合があるため、かゆみと戦いながら水虫の薬を探す人もおられます。
水虫に効果的なものは、抗真菌の薬です。これらは、薬局、ドラッグストアで販売がされており、おおよそ1000円前後での販売もありますが、すぐに抗真菌薬として効果が発揮されるかは、個人差もあります。

また、皮膚科専門医の先生であれば、皮膚科を受診すると、とても効果的な抗真菌薬を処方してくれるため、治りが早いケースもあります。

一般に販売されているものよりも、病院などで出される薬のほうが、効果的なこともあるからです。

このような抗真菌薬をしっかりと使えば、じょじょに、かゆみなどはなくなり、楽になることができます。