水虫は夏場の湿度が高くジメジメとしたところを好みます。室内の温度と湿度が高いと菌が増殖してしまいます。真夏で湿度の高い時は水虫に注意しましょう。また水虫の治療には抗真菌薬がとても効果てきなので活用しましょう。

抗真菌薬の画像

抗真菌とサンダルと春について

春は、冬場と違って、急激に温度が暖かくなり、とても暮らしやすい季節になります。

今まで、冬場ではブーツをはいていた方でも、春になればサンダルを履いてみよう、という気分になるほど、春の気候は気持ちのよいものです。

一方で、サンダルを履いて、その結果、水虫になっていたことに気づいた、水虫が出来ていた、と驚くケースがあります。

あまり酷くない水虫の場合には、かゆみなどは若干程度で、特に冬場にはあまり気づかないこともあります。

また、冬場ではブーツや靴下など、厚着をすることから、素足になる機会がほとんどなく、自分自身が水虫になっていたとは気づかないケースも多いものです。

その結果、春になってサンダルを履いた途端、水虫を発見してしまった!というケースがあるのです。

水虫に対しては、抗真菌の水虫薬が役に立ちます。

薬局でも売られていますが、皮膚科などでも処方をしてくれます。

水虫の場合、水虫専用の抗真菌の薬が、皮膚科では処方されますが、念のため検査なども行われ、その後に、抗真菌のお薬が処方されます。

薬としては、抗真菌薬の塗り薬が出されるケースと、それと同時にかゆみがある方の場合にそなえて、かゆみをとめる薬を出してくれるお医者さんもおられます。

薬を塗る際の注意点としては、絶対に目に入らないように注意すること、などの他、塗る前には足などをしっかりと清潔に保って、しっかりと石鹸などできれいにしてから、抗真菌薬を塗ると、効果的であるとされています。

また水虫の場合には、靴下をこまめにとりかえる他、サンダルなども、毎日同じものを履くのではなく、出来れば3足ほど用意をし、しっかりとこまめに交代で洗いながら使うと、効果的です。