抗真菌薬は水虫を死滅できる

水虫は夏場の湿度が高くジメジメとしたところを好みます。室内の温度と湿度が高いと菌が増殖してしまいます。真夏で湿度の高い時は水虫に注意しましょう。また水虫の治療には抗真菌薬がとても効果てきなので活用しましょう。

抗真菌薬の画像

抗真菌薬は水虫にとても効果的

抗真菌薬は水虫にとても効果的な薬です。外用薬と内服薬の2種類があります。水虫はカビの仲間である、白癬菌によって発症する皮膚感染症の1つです。白癬菌は皮膚の角質層部分に感染し、皮膚に含まれるケラチンというタンパク質をエサとして増殖します。水虫に1度なってしまうと、自然と治るという事はありません。治療をし白癬菌を除菌する必要があるのです。皮膚科では抗真菌成分を含んだ薬で、治療を行います。抗真菌成分は白癬菌をはじめとする、真菌いわゆるカビの細胞膜に作用するのが特徴です。細胞膜の再合成が阻害される為、除菌の効果を発揮します。特にイミダゾール系といわれる抗真菌薬は、真菌の中でも白癬菌に対して高い効果を発揮する事から、水虫治療として処方されるケースが多いようです。新しい抗真菌剤としては、ビフォナゾール、ケトコナゾール、ブテナフィンなどが有名です。また、最近の外用薬は1日1回塗るだけで、白癬菌に効くように作られています。長く角質層に有効成分が留まるように作られている為、何回も塗り直す必要がありません。ただ、外用薬の場合は症状が出ている部分だけでなく、その周りにも薬を塗り広げましょう。白癬菌は症状がある所だけでなく、他の部分にも潜んでいる恐れがあります。患部にだけ薬を使っていると、その周りにいる白癬菌を死滅させる事ができず、何度も水虫がぶり返してしまうケースがあるのです。ですので、外用薬で治療する場合は、広範囲に塗り広げる事が1つのコツです。ただ、かかと水虫や爪水虫の場合は、外用薬では硬い爪に遮られて中まで浸透する事ができない為、抗真菌成分を含んだ内服薬で治療するケースがほとんどです。 内服薬であれば体の中から、白癬菌に作用する事ができます。

水虫に効く抗真菌薬の種類

真菌とは俗にカビとも言います。真菌の中でも白癬菌が角質層に感染、寄生して発症する感染性皮膚疾患が水虫です。水虫は足だけでなく頭、手、爪などにも感染、寄生します。自然放置すると患部がどんどん広がり悪化します。家族感染もありますので、素早い治療に大切です。水虫(白癬菌)の抗真菌には、クリニックで処方される医療用医薬品と市販の一般用医薬品があります。飲み薬や患部が化膿している時の抗生物質などはクリニックの受診が必要です。水虫薬の主成分は抗真菌薬で、この抗真菌の効き目が重要です。水虫薬のタイプには、クリーム、液体、軟膏、エアゾールの4タイプがあります。同じ成分でも症状や使用する場所によって効果が変わるので、敵した薬を選びましょう。クリーム類は、伸び易く患部に止まる作用に優れているので、足、爪、股部などの抗真菌薬です。軟膏は、油性を使用しているためベトつきはありますが、保湿と患部の保護効果に優れた角質増殖型水虫の抗真菌薬となります。液体は、皮膚の浸透力に優れていますが、皮膚への刺激が強いため敏感肌の方は要注意です。エアゾールは、冷たいエアゾールが痒みを抑えて使用感もさっぱりして気持ち良いですが、薬効の持続性が短いので4つのタイプの中では、一番効力が弱いです。皮膚の炎症に良く使用されるステロイド外用剤は、水虫などの抗真菌としては、使用できません。皮膚感染症の治療には、抗真菌薬と自分自身の免疫力で増殖を抑えて治すため、ステロイドの持つ免疫抑制効果が害になり悪化する事もあります。水虫の治療は塗り薬が主流ですが、爪水虫にはほとんど飲み薬です。爪のような硬い部分に塗り薬は浸透しないため、有効成分が届かないためです。

市販の抗真菌薬は爪水虫には効果なし

抗真菌薬には市販薬として販売されているものも多くあり、特に水虫治療薬として販売されているような商品ですとそのほとんどが抗真菌作用のある薬となっています。通常の皮膚に発生した水虫であればこの市販の抗真菌薬でもある程度の効果を見込むことが出来るのですが、しかしその例外として注意をしなくてはならないのが爪水虫です。爪水虫とは爪に発生してしまった水虫のことであり、初期症状では爪全体が白く濁って見える、爪の中に白い筋が見えるといったような症状が挙げられます。これが進行すると爪の変形やかゆみといった自覚症状に繋がってくるわけですが、この爪水虫に対しては市販の抗真菌薬ではほとんど効果を見込めません。というのも現在市販されている抗真菌薬のほとんどは塗り薬やスプレーとして販売されているのですが、爪水虫の場合は爪という固い組織の奥に白癬菌が繁殖してしまっているわけですから、そうした薬では爪の奥にまで有効成分を浸透させることが出来ないのです。そのため爪水虫が出来てしまったということでドラッグストアに行って薬を買ってきても、その状態は悪化こそすれど良くなることはほとんどありません。ではどのように治療すれば良いのかというと、これは基本的に飲み薬で治すほかありません。皮膚科などではこうした爪水虫に対して抗真菌作用のある内服薬を処方して対処しています。自覚症状が出るほどまで悪化してしまっているのであれば完治までは時間がかかってきますが、それでも内服薬を根気強く飲んでいけば完治を目指すことは十分可能です。 むしろ爪水虫は放置していると最悪足の切断なども行わなくてはならなくなりますから、早い段階で専門医の診察を受けて治療薬を処方してもらうようにしましょう。